消費税増税前の引越しの駆け込み需要について

平成26年4月、消費税が5%から8%に引き上げられました。
このとき様々な業界で駆け込み需要が発生しましたが、引越し業界においてもそれは例外なく発生したばかりか、他の業界に比べて影響は大きかったようです。

私は、この年の5月に仕事の都合で静岡から東京に引越しをしたのですが、運悪くこの駆け込み需要に巻き込まれてしまい、仕事が土日休みで平日に荷物発送と受け取りの2日間休暇をとることが難しかったこともあり、5月の連休明けくらいに引越しをする予定が予約を取ることが出来ず、結局引越しが5月の終わりにずれ込んでしまいました。
このときはサカイ引越センターで引越しを行ったのですが、日程調整及び費用の見積もりに来た営業の方に聞いたところによると、
引越し自体の駆け込み需要のほかに増税前に家を買った方が多く、それに伴う引越しが多くなったこと、さらに増税が4月であったため元々の年度末の引越しシーズンと重なった、
この前年の平成25年の秋くらいからトラックドライバーが不足気味になっていたことなどから、このような事態になってしまったそうです。

しかし、元々年度明けに引越しを予定していた私のようなケースはまだ良い方でした。
特に年度末に引っ越しを行わなければいけなかった人はさらに大変で、予約が全然取れないばかりか、取れたとしても料金が通常の2倍から2.5倍程度の割増料金を取られてしまい、税金の節約のために年度末までに引越しを行うつもりが、かえって割高になってしまうケースも多数ありました。

さて平成27年7月、

消費税が10%に引き上げられる時期が平成29年4月に決定しました。

つまり、4月に引き上げられることで年度末の3月に前回と同じような現象が、10%に引き上られる時にも発生する可能性が非常に大きくなりました。
幸いなことに現在働いている職場は転勤がないため、私がこの時期に引越しを行う可能性は非常に低いですが、前回の駆け込み需要に巻き込まれた身として次回の消費税増税の時期の引越し業界の動きは注意して見守ってみたいと思います。

私が引越しをした際に参考にしたサイトを紹介します。

格安引越しセンター |格安引越しセンターは、引っ越し料金を安くしたい人向けのサイトです。